脂肪注入による豊胸手術のメリットとデメリット

バストアップを目的とした美容外科手術の中でも、シリコンバック挿入法より脂肪注入法のほうが人気です。

どんな方法でバストを大きくするかはいくつかの方法がありますが、比較的人気が高い方法が、脂肪を注入するやり方です。

シリコンと言うと異物というイメージが大きいですが、自分の脂肪を注入するのなら体へのダメージが少ない印象があります。

胸のサイズを大きくするために脂肪を注射する場合、どういう点に注意をすべきでしょう。

豊胸の手段として脂肪の注入を行うと、手術後の胸の状態は一体どうなるのか、体に副作用や拒否反応が出るかどうかを把握しておきましょう。

自分の体にはどんな豊胸手術が合っているのかや、手術が終わってからのお手入れをどうするのか、しっかり聞き取っておくようにしましょう。

豊胸手術を終えてから、期待した出来上がりと違った状態になってしまったということがないよう、カウンセリングで説明を聞いておきましょう。

バストアップを目的に脂肪注入をした場合、効果の継続期間がいつまでなのかは、個人差があります。

何故予想だ出来ないかというと、注入された脂肪は注入された場所に全部が定着するわけではなく、体に吸収されてなくなる分もあるからです。

豊胸のために脂肪を注入したところで、バストアップ効果をもたらす脂肪と、あっさりと分解されてしまう脂肪の量は人それぞれです。

どの程度の脂肪注入でバストアップ効果が得られるかが事前にわかっていればいいのですが、今のところそれはできません。

もしも胸のサイズを大きくするために脂肪注入を受けたいと思うなら、じっくりと事前にリサーチを済ませておきましょう。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP