妊娠中にダイエットをする場合には

妊娠している女性が、ダイエットをしなければいけないことはあるでしょうか。

うっかりとカロリー過多な食事をしてしまうことが、妊娠時にはあるといいます。

妊娠中は運動する機会も減るので、あまり食べ過ぎていると妊婦検診で体重の増え過ぎを指摘されることもあります。

体重を減らしたいからといって、ダイエットをやることは、胎児の発育の妨げになるのではないかと考えてしまうものです。

妊娠高血圧症候群や、妊娠糖尿病は、妊娠中の肥満か過ぎた時に発症しやすくなりますので、予防が重要になります。

妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病になると、お産自体を危険に晒してしまう可能性があるので、体重の管理は重要です。

母子の健康維持のためには、妊娠している時のカロリー制限や、運動は、ほどほどにしましょう。

どんなことをすれば、妊娠中のダイエットになるでしょう。

ダイエットしなければならない状態というのは、体重の増加が目安以内に収まっていない場合です。

ただし、妊娠している時は体重がふえるものですから、医療機関からダイエットの指導がされていなければ、痩せる取り組みは不必要です。

妊娠している時に体重が増えすぎていたら、食事の改善を優先してください。

絶対安静でない人なら、少しは歩いた方が体にはいいともいいます。

妊娠中にダイエットをする場合には、産婦人科の医師によるアドバイスを受けながら、正しく体重管理をしていく必要があります。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP