にきびと漢方薬

にきびを治療する戦略などは何かとあると思いますが、漢方薬もその一つです。

今はにきび手当てを行うといっても欧米医学を中心にして行われているときのほうが多いと思いますが、にきびというのは、病と違って因習が関わる箇所の方が大きいですから、因習から改善して根本的に治していかなければ、にきびを因習から改善させることは難しいと思います。

例えば、冷え性やのぼせ、胃腸の調子が悪いと思っているやつなども漢方薬などを呑み続けると因習矯正から体調が戻るといわれています。

最近はにきび手当ての一環として漢方薬を処方してくれるところが増えていますから、ひとまず調べてみるといいと思います。

漢方薬専門のお店以外でも、素肌科などでも漢方薬としていらっしゃることなども増えています。

にきびに効果があるといわれている漢方薬は色々な品目があります。

三品目ほどここで紹介したいと思いますが、荊芥連翹湯と呼ばれる漢方薬は、どうにもの伸長に効果がある漢方薬だ。

そして防風通聖散という漢方薬も便秘の解決に効果がありますし、にきびにもGoodといわれています。

そして桂枝茯苓丸という漢方薬もにきびに効果があるのですが、こちらは、体のホルモンの配分を整えてくれますから、ホルモンの異常が原因でにきびが出来ているやつに対して、効果があると思います。

市販されている薬や普通の欧米医学のにきびケアもいいですが、因習から改善させるなら、にきびに漢方薬もいいでしょう。


にきびを治療する戦略として、レーザー手当てがあります。

にきびの手当てに効果があるといわれているレーザー手当てですが、色々な品目があります。

今人気のco2レーザーというのは、これはにきび痕の治療をするために選べるレーザーとしても知られているのですが、水に反応する赤外線を当てて、熱量エネルギーとして、素肌を焼いてにきびを治療していきます。

牝によるにきび手当てに比べれば、とても出血しませんので安心して受けることが出来ます。

Co2にきびレーザーの手当てでは、にきび痕の手当て以外にもしみやしわ、ほくろなどを除去するための手当てとしても使われていらっしゃる。

1度のメンテでは効果が出ませんから、2-3回浴びる必要がありますが、きれいになります。

他にもクールタッチレーザーと呼ばれるレーザーもあります。

こちらもにきび手当てに使われているレーザーで、コラーゲンを活発に制作させることを促してくれます。

1回のメンテ代金は安いのですが、1度で完治しませんから、数回浴びることになり、そのため結局は高くつく可能性もあるので注意しましょう。

にきび手当てを近々受けようと思っているやつは、まずは、ミーティングを通して如何なるレーザー手当てでうけていくのか、そのことについてよく考えてみるといいでしょう。

レーザー治療の方法は何かとありますので、どの方法で治療してもらえるのか、一心に知った上で、いつの病院で乗り越えるのか比較検討してから手当てを受けましょう。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP